商店街の新しい風「36」(さんろく)の今

20150118 001 

以前、花農家の町田くんが紹介した「36」(さんろく)の“今”を、私、八ヶ岳珈琲工房テーブルランドの中原が、ご報告します。

商店街の新しい風「36」(さんろく)の今


商店街の新しい風「36」(さんろく)の今

「36」(さんろく)は、富士見駅前商店街の中ほど、旅館「大勢館」の真向かい、靴の「キリン堂」と旅館「油屋」の間にあります。
昭和の粋を感じさせる2階建てのしゃれた建物で、当時の「キネドール」という店名の看板が、今も掲げられたままです。

「キネドール」は、喫茶室のある人気のお菓子屋さんでした。
古びた窓枠が何とも良い味をかもし出しているのですが、それは同時に、空き店舗となってからの長い時間の流れを想像させます。

外観は、ほとんど昔のまま。
ショーウインドウに新しく飾られた小さな「山麓貸本店」の看板も、実に味わい深い作りで、建物に見事に溶け込み、新しい看板だとは気づかないくらいです。

商店街の新しい風「36」(さんろく)の今

商店街の新しい風「36」(さんろく)の今

商店街の新しい風「36」(さんろく)の今

商店街の新しい風「36」(さんろく)の今

商店街の新しい風「36」(さんろく)の今

商店街の新しい風「36」(さんろく)の今

商店街の新しい風「36」(さんろく)の今



商店街の新しい風「36」(さんろく)の今

「36」って何屋さん?と聞かれると、答えるのが難しいです。

要素を箇所書きにしてみると…

  • 町の社交場
  • イベントスペース
  • レンタルスペース
  • 貸し本店
    (店内にあるたくさんの本は、どれも1冊100円で2週間借りられます)
  • 「仕草」(しぐさ)染め物工房

…これから、まだまだ成長・進化していくようです。


「36」は、20代から30代の有志10人が、共同で運営しています。
昼間は、皆それぞれに仕事があるため、夜に開くことが多く、夜な夜な集まる若者の様子を見た人が、「何をやっているのだろう?」と不審に思うことも少なくないようです。

しかし実際は、10人の若者は、至って真面目で礼儀正しく、楽しいことをやりながら、富士見町の活性化に少しでも役に立てればと考えているようです。


商店街の新しい風「36」(さんろく)の今

商店街の新しい風「36」(さんろく)の今


ならば、ということで、私の本業である「八ヶ岳珈琲工房テーブルランド」が、昨年12月から、毎週木曜日に「36」を借りて、コーヒー豆の出張販売を始めました。

題して『木曜日は、テーブルランドin36』

当店のある山ん中まで行けないというお客様にも喜ばれています。

ココを詳しく書くと宣伝っぽくなってしまうので書きませんが、昼間に「36」の中に入って見る少ないチャンスです。
先日いらしたお客様は、「高校生の頃、2階の喫茶席でよくタバコ吸わせてもらったなあ、キネドールの店員さんはやさしかったなあ」と懐かしんでいました。

コーヒーは買わなくても構わないので、是非一度、中を覗きにいらしてください。

(Written by 八ヶ岳珈琲工房テーブルランド 中原英貴)

 

※「36」の情報は↓でご覧いただけます。
 https://www.facebook.com/pages/36-/167867890064711

 

 

今夏も富士見町の町民広場キャンプ場で、8月29日から31日までの三日間に渡るビッグイベント、「乙事(おっこと)キャンプ」が開催されました。
メインフロアーに作られた特設ステージを中心に、飲食・物販・クラフト作家の出店用テントと参加者の宿泊テントが、豊かな自然の中のキャンプ場いっぱいに広がりました。
ページのトップへ