冬の八ヶ岳あるある

冬の八ヶ岳あるある 

 

ハーブ屋のサムデイです。

「八ヶ岳あるある」をひとつ。

 

一年で一番寒い時期を迎えていますね。

富士見にかぎらず、標高の高い所では地面の中の水分がガチガチに凍っています。

おまけに霜柱でコンモリの盛り上がっています。

そこは見かけはなんでもないんですが、実は見えないところで空間になっています。

 

ところが、寒い間はいいのですが、昼間の暖かさで少しずつ地面が緩むことがあるのですよ。

そんなときそれと気がつかずに、うっかり緩んだところをふんずけたりなんかすると、ずっぽりそこだけ足の形がまま地面が抜けてしまい、なんだったら足をとられて転んでしまうこともあります。

 

でもそれはそれで、春が近いことを知らせてくれる、いわゆるひとつの季節の風物詩でもあります。

 

きっとあと30回位足をとられれば、きっと春はやってくるはずです。

 

(Written by 板村浩之・ハーブの苗の生産・販売のSomeday(サムディ)

 

ページのトップへ